肌トラブルの解決

噴水のある神社

東京地域には都内やその近郊にかなり大きな公園が設置されています。
まず都内には60年代のオリンピック開催の折の会場がその後公園として地域住民に提供されているところが数箇所存在します。
また昭和を記念した大規模な公園も東京都下に設置されており人気を呼んでいます。
さらに東京に隣接した湾岸エリアにも大規模な公園が設置されるようになっており、休日には多くの利用者を見ることができます。
こうした大規模公園は万が一の災害の時の非難場所としても機能するため、都市部にとっては非常に重要な役割を果す存在であり、人の集まるエリアにはかなり計画的に配置されるようになっているのです。
もちろん本来の公園としての癒しとゆとりを満喫する機能も発揮しているのです。

東京地区の公園は、なかなか大規模なものを設定しにくかったことから国や都などが乗り出して開発した場所が公園になるケースが多いといえます。
それだけ民間でこうした公園を設置していくことが難しい場所であるということができます。
地価が高いこともありますし、むかしから密集した住宅地が多かったこともあり、このようなゆとりのエリアというものを設置するのが難しかったという背景もあるようです。
最近設置されている大規模公園の場合、やはり防災などの観点から設置されるものが増えてきており、万が一の震災などにも備えられ、防火的な意味あいも含めて設置されるケースが多いのです。
これも東京ならではの事情をかかえた設置方法であるということができます。