人気のクリニック

都庁

大都会として知られている東京には、意外にも多数の自然公園があります。
公園の規模も大きく、他県にまで広がった巨大な敷地を誇っているのです。
自然の景観がそのままの形で保存された自然公園も多く、ハイキングやキャンプ、カヌー遊びなどに幅広く利用されています。
東京には国指定の国立公園や国定公園も複数あり、ガイドブックでも紹介されている公園となっているのです。
このような自然公園は、多摩を始めとする西部や島のある南部に点在しています。
都心からのアクセスも良く、登山や休暇にと頻繁に利用している方もいるのです。
賑やかな繁華街の様子からはイメージ出来ないような、自然溢れる景観を大切に保持しているのが、現在の東京と言えます。

大規模な都市の例に漏れず、東京も戦後以降、急速な勢いで発展を遂げてきました。
都内の開発も進み、商業地や工業用地が急速に増加していったのです。
産業の発展に伴って、都心へ通勤するビジネスマンのための住宅地開発も進められました。
これまでは野原や林野であった場所が徐々に切り開かれ、宅地開発されていったのです。
こうした開発の影響で、東京の自然は大幅に減少しました。
近年、自然環境に起因する様々な問題に注目が集まるようになり、現在では東京に再び自然を取り戻していこうという取り組みが始まっています。
他の地方でも始められている里山プロジェクトも取り入れられるようになり、自然の保護と再生を目指す動きが出てきているのです。