参考にする

スカイツリー

東京はベッドタウンに視点を向けてみれば、かなり住みやすい環境にある。
地方のベッドタウンと最も差が現れているのは利便性の良さだ。
地域にもよるが東京の中心的役割をする新宿や東京まで最長で1時間程度で行けてしまう。
電車は殆どの地域をカバーしているし、バスも充実している。
商業都市まで手軽に行けるというのは、実際に生活をする上でかなり重要なことだ。
家電やファッションを買いたいときに何時間もかかるような場所だとかなり不便に感じる。
当然のことながら、生活必需品は地元でも十分揃う環境が整っている。
そのため、家族世帯のみならず一人世帯であっても住みやすい。
また、夜遅くまで働いている人のために24時間営業しているスーパーも多い。

東京と言うと多くの高層ビルが乱雑に並んでごちゃごちゃしたイメージを持つ人がいる。
確かに都心部は相当な高層ビルが並びコンクリートジャングルと呼ぶに相応しい。
しかし、多くの自然が残っているのも事実である。
自然がないという人がいるが都心部であっても新宿中央公園や代々木公園などが自然を多く残している。
東京都全体に目を向けてみれば、高尾山がある。
電車で手軽に行ける山として人気を集めている山でピクニック感覚で行けてしまう。
また、雲取山という2000m級の山も東京都には存在している。
これは経験者であっても大変なほど本格的な山で自然を感じながら登ることが出来る。
生活の利便性が良く、自然も多く残っているので住むには非常に良い街といえる。